ジャパンウォーク参加Tシャツを着たルセント社員の集合写真

平成29年10月9日、「ジャパンウォークin大阪/2017秋」が、ヤンマースタジアム長居をスタートに開催されました。

障害がある人もない人も関係なく誰でも参加できるウォーキング大会ということで、さまざまな方がオリンピアン・パラリンピアンの方々と一緒に各コースをそれぞれのペースで歩きました。

出発式後、ロングコースの方を先発にオリンピアン・パラリンピアンの方々とハイタッチをしてスタートしました。
総勢2000人以上が参加し、ルセントは22名が参加しました。

ショートコースでは長居植物園も歩きました。秋ならではの美しいコスモスや金木犀の花、ドングリなどを見ながら楽しく歩くことができました。

コスモスや金木犀が咲く長居植物園を歩くルセント社員の写真
オリンピアン・パラリンピアンの方々と握手や写真撮影をするルセント社員の写真

オリンピアン・パラリンピアンの方々と、握手や写真撮影をする場面もありました。ボランティアとして参加された方はいろんな方に声掛けをし、障害の有無関係なくサポートをされていました。

(フィギアスケートオリンピアンの村上佳菜子さん(左2枚)、参加者と握手をする競泳オリンピアンの松田丈志さん(真ん中)、競泳パラリンピアンの津川拓也さん(右))

時間内にゴールした人には、ゴール証が渡されました。


このゴール証は視覚に障害がある人でも読むことができるように、点字にもなっていました。

点字で書かれたゴール証の写真 盲導犬歩行体験やVRを体験する参加者の写真

同日開催イベントもあり、ゴール後もたくさんの方が参加されていました。

車いすバスケットボールやボッチャ、卓球教室などがあり、スポーツVR体験ではVR機能を使って、オリンピアン・パラリンピアンの目線を映像で体験できるものとなっており、大人も子どもも興味津々で参加されていました。

当日は天候もよく暑いくらいでしたが、ウォーキング中や同日開催イベント中たくさんの笑顔で溢れていて、祝日である体育の日を満喫できた一日でした。

またこのイベントの模様は、朝日新聞、NHKや毎日放送等多くの報道陣からも取材があり、当日夕刻のニュース番組やインターネットのニュースで報道され、2020年のオリ・パラ開催に向けた機運の高まりが感じられました。

ヤンマースタジアム長居正面入り口の前で集合しているルセント社員の写真